三菱東京UFJ銀行と楽天銀行のキャッシングの金利を比較しよう

キャッシングは消費者金融のものも便利ですが、やはり金利はやや高めに設定されていることが多いものです。

利息はできるだけ少ないほうが返済がそれだけ楽になりますから、できるだけ安い利息で提供しているサービスを利用していきたいものですが、銀行のキャッシングサービスはより低金利となっていますし、信頼性も高く安心して利用できると言えます。

銀行の借り入れでは三菱東京UFJ銀行ではカードローンバンクイックが用意されていますし、楽天銀行でもカードローンが用意されています。

サービス内容もしっかり比べておきたいですが、三菱東京UFJ銀行のバンクイックでは年利は1.8%から14.6%で、最高500万円までの融資を受けることができます。

楽天銀行のカードローンは年1.9%から14.5%となっておりこちらも最高500万円までの融資となっています。

三菱東京UFJ銀行の場合は残高不足でも自動で融資を行ってくれるマイカードプラスというサービスも用意されており、こちらは30万円までの融資で金利は14.6%です。

それぞれの内容をしっかり比較して最適なサービスを選んでいきましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ